日本の2013年の貿易赤字が過去最大

この原因は原発停止で、化石燃料の輸入が増大したことらしい。

 

もちろん円安で燃料の単価も上がっている。

 

しかし、日本中が節電に協力しているし、自動車の低燃費化で

ガソリンスタンドは廃業が続出している。

 

本当に実態はどうなっているのか?

 

火力発電所はどのくらい稼働率を上げているのか?

そして、どのくらい新設されているのか?

 

それは、日本全体の統計データが揃うまでわからないのだろう。

 

今年の4月からは電気料金が消費税を含めて、実質8%程度値上がりすることになるだろう。

 

電気料金は基本料金、従量料金、燃料調整費、温暖化税、再エネ賦課金、それから消費税。

 

震災前まで電気代はほんとうに安定していた。これは今思えば奇跡的である。

 

ガソリンや重油の値段は、この20年間でびっくりするくらい変動している。

 

省エネや節電の価値がわかってくるのは、この夏からじゃないだろうか。


MarkD004

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。