先着順の補助金はいつまで続くのか

先日の経営者が集まる会合でも、いわゆるSIIのA類型の補助金が話題になっていました。

これは、平成26年度補正予算 地域工場・中小企業等の省エネルギー設備導入補助金/最新モデル省エネルギー機器等導入支援事業(A類型)と言いう補助事業で、例によってSIIが執行団体になっています。

 

親しくして頂いている製造業の社長から、この補助金を使って約3億円の生産機械を購入するつもりであることを教えていただきました。

私は、とにかく性能証明書を一日も早く入手することが肝要であることをアドバイスしました。

加えて、不備のない書類を提出すること。

 

補助金の申請は、誰もが通常はやらない仕事です。役所相手の書類と同じで、一部でも不備があれば受け付けてもらえません。

この補助金は、先着順ということもあり、取りあえず提出とお考えの方も多いと思われます。

しかしながら、再提出になれば、最初の提出日は何の意味もありません。

 

補助金の申請は、経済産業省にお勤めのお役人の方々にとっては、とても簡単な手続きと思われます。

しかし、普段、役所相手の仕事をしていない会社にとっては、非常に不慣れな書類です。

 

この補助金も、我々プロにお任せになって、確実に採択されることをオススメします。

成功報酬の額については、弊社スタッフにお問い合わせください。

 

ただし、全国から申請が殺到していることが予測されますので、4月いっぱいがリミットだと思ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。