省エネと創エネの新築住宅を買うと130万円の補助金

平成28年度

 

住宅・ビルの

 

革新的省エネルギー技術導入

 

促進事業費補助金

 

予算額 110億円

 

住宅ビルの革新的省エネルギー技術導入

平成26年度補正でも行われた、
経産省と国交省の共同事業だ。

エネルギー消費量が増大している
住宅・ビルの省エネを推進するため、

 

ZEH導入を支援し2020年までに
新築住宅の過半への導入を目指すとともに、

 

ZEBの実現・普及のためのガイドライン作成を目的として
先進的省エネルギー建築物の導入を支援する。

 

※ZEH/ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス/ビル)
:年間の1次エネルギー消費量がネットでゼロとなる 住宅/建築物

 

説明を読んでもなんだかわからない。

ここで言うネットとはインターネットではなく、
正味と言う意味だ。

具体的に言うと、

家の屋根に
太陽光発電(風力でも可)を付けて発電(創エネ)し、
得られるエネルギーが、

その家が消費するエネルギーよりも大きいということである。
言い換えると、

 

太陽パネルで発電する、断熱の優れた省エネ住宅である。

それが、

一定の要件を満たせば、

一件あたり130万円の補助金

 

 

が出る。
申請者は住宅の購入者で、
一物件ごとに申請しなければならない。

申請者が常時居住する(住民票で確認される)する住宅で、
別荘、セカンドハウス、賃貸住宅は対象外である。

この補助金の公募要領は74ページもあり、

複雑なエネルギー計算が必要になるので、
素人が独力で申請することは難しい。

しかし、

 

この事業は「手続代行者」が正式に認められているので、

第三が、申請者からの依頼によって手続きを代行して、
SIIに対応することが出来る。
グリーンテクノロジーは、この事業にも

住宅CMサービス広島様と
タッグを組んでお手伝いさせていただきます。
http://www.cms-hiroshima.com/company/index.html
この補助金は、

 

住宅販売のための、

強力な営業ツールになる。

 

顧客から見ると、

省エネ創エネで建設費が多少高くなっても、

それから、

ずーっと電気代が半額以下になり、

 

国が認めた省エネ住宅で

補助金まで貰えるお得な住宅ということになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。