LED照明の補助金はいつまで出るのか

照明装置はLED革命でエネルギー消費量が半分になった。

それでも、正確な統計はないが、
未だに80%以上は蛍光燈が使われていると想像される。

五日市の建設用車両の工場は5年前に完成しているが、
昨年訪問した時点ではすべて蛍光燈だった。

LED照明を提案したが、
まだ、新築から数年なので設備更新はできないと言われていた。

工場の計画され、設計図ができたのは今から10年前である。

当時のコンペは蛍光燈でなけば、コスト的に勝てなかった。

計画時に建物のランニングコストや廃棄のコストまでを
計算することを、LCC(ライフサイクルコスト)と呼ぶ。

 

この考えは、

建物の維持管理費を含めてたコストの最小化を検討するべき

と言う発想から来ている。

しかし、技術革新が起これば、

建設前に10年後の技術動向は予測できない。

 

設計の時はLED照明はまだ、普及段階になかったと思われる。
本日、訪問した山口県の工場では、

LED照明への投資を2,000万円すれば、

毎年、300万円の電気代が削減される。
これに、補助金がでて、投資額が500万円節約できれば、

 

10年で、1,500万円の儲けが出る。

LED革命が起きたのだ。

まだ付けたばっかりの蛍光燈でも、

LED照明にすると得をする。

水素honda-fuelcell2

しかし、

補助金はLED照明が普及したら、
もう出ないだろう。

プリウスの補助金はもうない。

補助金は水素自動車の時代になっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。