SIIがお役所仕事で中小企業等の生産革命してくれない件

SIIの中小企業等の省エネ・
生産性革命投資促進事業費補助金の

採択の発表が毎週金曜日に行われている。

本日も期待して待ってます。

グリーンテクノロジーの社員も、
採択された案件の中間報告の着工前写真の
撮影で現場に出かけることが多くなっている。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-9-34-30

中間報告には、
補助金の振込先の口座、
着工前写真、
撮影位置図図面が必要だ。

内容的には
エネルギー使用合理化の補助金とほぼ同様

しかし、
今回は着工前写真の写真台帳用に
Excleのファイルが配られている。

弊社は、
エネ合の写真台帳作成のため、
フォルダの中の写真を名前順に自動的に
台帳に貼り付けるVBAマクロを作って、
作業の効率化を図っていた。

ところが、
SIIが提供するExcelは、
いちいち写真を一つづつ貼り付ける
必要がある。

照明の更新の場合は、
写真が1.000枚を超えることもあり、
この方法でやっていたらとんでもなく
効率が悪くなった。

担当の社員に聞いたら、

執行機関からの指示通りにやらないと、
NGにされるかもしれないと考えて
与えられたフォームを使っている

そうだ。

SIIは
中途半端にシステム化した仕組みを作って、
補助金申請者の生産性を落としている。

いわゆるWebアプリケーションによる
ポータルサイトに入力させて、
それを印刷して紙の書類を郵送させる。

なんのために、
使いにくいWebサイトに
入力しているのか。

最近は様々なアプリケーションが
Web化されているが、

 

使いやすいと思ったことは
一度もない。

Webアプリは
オンラインでデータベース化される
ことがメリットであり、
印刷するのが目的ならExcelで十分だ。

SIIはポータルサイト構築に
数億円を投じていると考えられるが、
これが全然生産革命になっていない
と私は断言する。

ちなみに、
環境省の業務用ビル等における省CO2促進事業の
執行団体一般社団法人静岡県環境資源協会
申請書式はとても使いやすい

補助事業は、
執行機関がそれぞれ異なるので、
申請書や報告書の形式が全部異なる。

専門コンサルでもなかなか効率化が難しい。

 

グリーンテクノロジーは
図面作成にも独自のアプリで工夫しているが
これもいつまで使えるかわからんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。