WBC菊池選手の言葉にしびれた

昨日のWBC
深夜までテレビに
釘付けになった人も多いと思う。

われらがカープの菊池選手が
スパープレーで7回のピンチを救った。

ピッチャーの股間を抜けた打球を
横っ飛びでキャッチし
グラブトスでアウトにした。

このプレーがなかったら
オランダに逆転を許していたかもしれない。

オランダの打線は凄まじく、
一つのミスが命取りになる
緊迫した試合だった。

試合後の菊池選手のコメント

本当にユニフォームを着て、こういう最高の舞台で、野球ができることにすごく感謝しています。プロ野球生活の中で、野球生活の中で一番しびれたそんなような試合でした。

本物のプロの言葉だ。

我々も環境技術のプロとして
成功報酬で仕事をしているので

常に緊迫した状況で
仕事をしている。

ベンチャー企業が
数億の投資をする場合もあり、

クライアントにとっては、
補助金が採択されるかどうかが
事業の成否のカギを握っている。

我々にとっても、

依頼を受けてから
申請書作成までを

先行投資でやっているので
ダメならすべてが水泡に帰す。

常にギリギリの勝負をしている
つもりだ。

ビジネスの世界でも

困難な状況を楽しんで、

成功した時に

最高の舞台で
仕事ができて感謝している

と言いたいものだ。

参照 スポニチアネックス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。