サンフレッチェの最終戦に参戦

先週の土曜日に広島サンフレッチェと京都サンガの試合を見に行った。競技場の中に「観戦ではなく、参戦しよう」と書いてある。

サポータ全員がパネルで応援

サポータ全員がパネルで応援


地元での最終戦かつ2年前の因縁の対決ということで、かなりの盛り上がりを見せていた。
結果は、エース2人の大活躍で4-1と大勝、4位が確定した。
広島VS京都(寒かったよー)

広島VS京都(寒かったよー)


さて、明日からCOP15が開催される。
京都議定書に定めのない2013年以降の温室効果ガスの排出量について話し合うものである。

今や中国が米国を抜いて、世界一のCO2排出国であり、この2国で世界の40%以上を占めている。もはやこの二つの国が参加しない議定書には意味がない。世界のCO2排出量は年々増大していて歯止めが利かない。

しかし、この20年間、経済が停滞している、日本の地方都市に住んでいると、エネルギー消費の急増を意識することができない。そこで私は、世界で最も急激に都市化したと言われる環境都市(自称)の大連の街を散策に行くことにした。来週レポートするので乞うご期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。