脱原発・卒原発に反対します。

テレビで毎日、エネルギー問題の素人さんであるアナウンサーや政治家が脱原発の話をしている。

日本には国家エネルギー省というものはない。経済産業省が沢山の仕事の一部として担当している。
そのため、温暖化ガスの問題などで、環境省と事業がかぶる。

原発の問題について、マスコミでは言えない話をしたい。

原発は絶対にやめると宣言すべきではない。エネルギーの選択肢は多様化するべきであるし、既に巨額の投資をしている電力会社が成り立たなくなる。基本的ユーティリティである電気は自由化するべきでない。そんなことをすると大都会だけしか電気を使えなくなる。

私は、電気も水も公共事業として推進するべきだと思う。土木工事の公共工事はウンザリであるが、エネルギーインフラの整備に国民のお金を使うことに反対する人は少ないと思う。

原発は絶対に続けると言い続け、実際は住民の反対で、今後再稼働する原発はない。ということが日本の最善の道ではないだろうか。

オフィスの窓に断熱シートを貼り付けました。これで暖房代が半分になるかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。