通販業界の闇トランプ大統領がAmazonを非難

アメリカのトランプ大統領が

Amazonは
多額の補助金を貰っている

と述べて

連日ツイッターで、

「アマゾンの小包を非常に低価格で配送するため、 郵便局は何十億ドルも損をし、 それを納税者が支払っている」(トランプ大統領)

「アマゾンには不当に安い郵便料金が適用されている」

「税金を十分に支払っていない」

「多くの小売店がアマゾンの急成長で閉鎖に追い込まれた」

と攻撃している。

 

日本でもAmazonや楽天の影響で
本屋さんや小売店が厳しい状況になっている。
日本のトイザラスも撤退してしまった。

我々がクライアントや
役所に交通費を請求するときは
実費を計算する。

当然、
距離が遠くなると
料金は高くなる。

ところが、

郵便料金は日本全国同じ

これは、どう考えても
作為的な仕組みになっている。

輸送コストが正当に請求されれば

ネットショッピングの
送料が無料

なんていう仕組みが成り立つはずがない。

今の状況は

あたかも流通コストはゼロ

と錯覚してしまう。

その費用を税金が負担しているとすれば
国内に税金を払わない企業はいかがなものか?

これから
大きく変化する予感がしますね。

変化はビジネスチャンス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。