太陽パネルの自然破壊、あの土地は今でもサントリーのものなのか?

先週の土曜日、子供を連れて瀬戸内海区水産研究所の一般公開に出かけた。

 

そこで、とんでもない光景を目にした。

 

この研究所の隣は、10数年前まで、サントリーのバードサンクチュアリという

野鳥の観察所であった。

 

もちろん敷地は森のような木々で囲まれていた。

 

そこに、広大な空き地があり、太陽パネルが敷き詰められているではないか。

(google mapでは今でも広大な空き地になっている)

 

おそらく、最近1カ月の間に施工されたものだと思う。

この土地はもとは野生の鳥の保護に使われていたもので、

海沿いの埋め立て地で自然環境は抜群の場所である。

 

http://feis.fra.affrc.go.jp/

広島県廿日市市丸石2−17−5 ‎

 

の隣の土地である。

そこが一面太陽パネルである。

サントリーは何のためにその土地を買って保有してきたのか?

はじめは地域貢献や自然環境の保全であったはず。

 

それが完全に人や生き物を拒絶する場所になっている。

おそらく、環境アセスメントや地域住民への説明などないので

知らない人がほとんどだと思う。

 

そもそも自然エネルギーは地産地消がメリットではなかったのか。

田舎の自然を破壊し、都市に送電するために自然エネルギーを作るならば、

自然エネルギーである必要はない。

 

生き物が存在しないサンクチュアリを作るなんて馬鹿げている。
 20130717パネルIMG_0637[1]

One thought on “太陽パネルの自然破壊、あの土地は今でもサントリーのものなのか?

  1. うめぐみ

    そうなんですね〜今JRで通りすぎた時、フッと思い出して検索しました。最近のサプリのサントリーさんはどうかしてると思いますし・・・商業主義的?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。