環境技術コンサルタントのグリーンテクノロジー

昨日は、福岡で板坂裕治郎先生の6時間のブログセミナーを受けた。

今までこのブログを出来るだけ発信していこう。

と思っていました。

 

しかし、この先生は毎日ブログを書けと言う。

毎日になんの意味があるか?

正直そう思っていた。

企業にいれば、会社からのプレッシャーで毎日ビンビンにアンテナを立てている。

けれど、零細企業の社長は、そのブレッシャーを自分で課さなければ、

アンテナをビンビンにすることはできない、

だから、毎日ブログを書くことで自分にブレスをかける。

 

 

早速、ブログのタイトルも、仕事のテーマを絞って、

自社の中で一番力をいれていることをズバリ書いた。

 

地元の企業のために、

補助金獲得を支援をする。

 

国は大規模な補助事業をガンガンに打ち出している。

それは、日本の国のエネルギー安全保障のためである。

そのために、地方の企業が立ち上がる必要がある。

 

 

 

私は、20年間、環境エネルギーの仕事に携わり

様々な企画と提案を行ってきた。

 

省エネルギー設備や再生可能ネルギーの設備投資には

莫大な資金が必要である。

 

それが国の方針にマッチしていれば、

国からの補助金を獲得することができる。

 

しかし、大規模な補助金を得るためには、

膨大なドキュメントの作成が必要になる。

 

それを支援する。

 

環境技術のコンサルティング

 

 

それに絞り込むことを決めました。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。