下町ロケットの話はほんとうか

先日、最大手の空調システムの会社の
女性の営業の方が東京から、
弊社を訪ねてこられました。

 なんと地方の協力会社にも本部の人間が

現場検査されているようです。
帝国重工は下町ロケットのドラマの名前ですが、
この会社が、おそらくそのモデルになっている会社です。

だって、
日本でロケットを自前で
作れる会社ってそんなにないですから。

ドラマほど厳しくなかったですが、
色々細かくヒアリングされました。
ドラマの話は本当みたいです。

彼女が言うには、
「成功報酬で補助金コンサルを
受うけてくれるところは、少なくなっている」
そうです。
img_0
未だに、ホームページを更新できていない会社は、

実績の採択率90%以上なんて書いていますが、

こんなことはあり得ません。

今年3月の補正予算(B類型)の時は、
全国平均での採択率が30%そこそこの採択率でした。

申請を出せば通るという状況ではなくなっています。

それは、エネルギー合理化の補助金が周知されて、
申請数が増えたという事が一番の要因です。

普通にやれば、
請け負った作業の半分近くが
無報酬の作業になります。

それでも、グリーンテクノロジーは
成功報酬で引き受けています。

 情報を分析し、ベストの計画を立てて

採択可能性を最大限に

引き上げることが重要です。

我々は技術者集団であり、

技術的課題の解決に最大の喜びを感じています。

最大の特徴が営業マンがいない
会社だということです。

100万円で受注した仕事でも、
実は、50万円はその受注活動に使われています。

それは、営業マンの人件費や
毎日動き回るための車のリース代、ガソリン代、
駐車場代、その人が使う経費など、

その上、ほとんど会社にいないのに、
机や椅子、場合によっては専属の事務員さんを
必要とする人もいます。

 グリーンテクノロジーは、
かって多くの営業マンがいました。

今は全く売り込みをしないため。
営業専任は一人もいません。

 

だから、社外のパートナーの方からの紹介が
もっともありがたいんです。

呼んでいただければ、いつでも同行営業に伺います。

設備メーカーさんからのお声かけをお待ちしていますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。