成功報酬型の節水ビジネスってどうなの

節水ビジネスとは、水道料金の節約を売るビジネスである。

節水の装置は、省エネやCO2削減の補助金にはのらない

その昔、環境省が環境家計簿を推奨し、
水の使用量をCO2排出量に換算した値を示したことがあった。

そのため、節水もCO2削減になると、勘違いされている方が多い。

当時、公表された値は、水道1m3を作るために、
浄水場やポンプ場で使われるエネルギー起原のCO2排出量を平均化し、
計算した数値である。

水道は二次エネルギーではないので、
常識的に、節水は省エネにもCO2削減にも全く関係がない。

しかし、
家庭のランニングコストを水道光熱費と呼ぶように、

水道代は無視できない。

 

特に、人の集まる商業施設では、
トイレや洗面所の水道使用量が月額10万円以上のビルや建物もある。

水道料金の計算方法をご存知だろうか?

通常の商品は大量購入すると割引になったりする。

しかし、水は限られた資源である。

人口集中する都市では、
水道の供給量が人口を制約すると言われていた。

水を確保するには、水源とダムと浄水場が必要だ。
大規模な設備投資になる。

蛇口1012_02

そのため、水道料金はできるだけ、
使用量が増えないように複雑な仕組みになっている。

広島市の水道料金の計算例
http://www.water.city.hiroshima.jp/user/ryokin/ryokin-2month.html

一般家庭では20m3までは基本料金プラス1m3で5円の単価である。

しかし、それから先は、
使えば使うほど、水1m3=1,000リットルの単価が上昇する。
200m3を超えると単価は241円となる。

そして、
これに同じように下水道料金が加算され
その単価は水道より高い、344円となっている。

一時期、雨水や循環水をトイレに使うという技術が注目された
(欧米では一般的)。

しかし、
日本ではTOTOがウシュレットを普及させ、
トイレに中水(上水ではない)を使う事ができなくなった。

img57946074

そこで、
節水の切り札は

節水型の蛇口や節水型のトイレを採用する事である。

蛇口に特殊な装置を付けて、
勢いだけ良いけど水量が出ない節水蛇口やセンサー式の蛇口がある。

これは、
従来品に簡単な工事で設置可能なので、
自前で取り付ける事もできる。

しかし、
新たな投資になるというので、なかなか購入に踏み切れない人も多い。
また、
工事代金がどれくらいかかるのか、知られていないので相場も分らない。

そこで、考えられたのが

成功報酬型の節水ビジネスだ。

その節水装置を取り付ける費用を、ゼロ円にする代わりに、
安くなった水道代から報酬を頂く仕組みだ。

顧客との信頼関係と、事前のシミュレーションが必要なるが、
顧客に取ってはノーリスクになるので、かなり普及している。

是非、事業所の水道料金の伝票を確認して、

使用量を確認してみて頂きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。