PCセミナールームで環境取引セミナーを開催しました

28日と29日の2日間、環境取引セミナーを開催しました。

環境取引セミナーでは、国内CO2取引を勉強するため、参加者が企業の経営者になって、自社のCO2を削減し、余剰の排出量を売ったり、不足分を購入したりする体験学習プログラムである。
 排出量取引は、当社とJCTXが共同開発したWebアプリケーションの排出量取引オークションシステムを使って行う。

参加者は、それぞれ、あらかじめ用意された企業プロファイルに基づいて、削減目標と予算を与えられる。
最終的には、最も多くのお金を残して(少ない予算で)削減目標をクリアした企業が優秀ということになる。

講師はJCTXの藤井常務と山田@GTさん

講師はJCTXの藤井常務と山田@GTさん

CO2の取引をオークションで行うので、他の人との駆け引きがあり、結構盛り上がる。今回は、運用改善カードというものも用意して、ゲーム的な要素も取り入れた。
実際に体験すると、結構飽きずに二日間、真剣に勉強できると思う。

HPのノートPCはテンキー付き

HPのノートPCはテンキー付き

それから、先週の日曜日はエコ検定の試験があった。
グリーンテクノロジーは社員全員の合格を目指していました。自己採点の結果、受験番号などの間違いがなければ、無事全員が合格ラインを超えているだろう。
自分は「カーボンニュートラル」を「カーボンオフセット」と勘違いして、間違ってしまった。

前日に、森林管理センターの方が訪問され、カーボンオフセット制度の説明を2時間もしていたので、頭の中がオフセットになっていました。クヤシー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。