補助金獲得はスタートダッシュが肝心

今年最後のブログです。

グリーンテクノロジーの今年一番の出来事は、事務所の引っ越しだ。

創業時は、
中国電力の仕事があったのと、前の会社の場所から近かったので、
平和公園前の中島町に事務所を借りた。

会社の窓からは、大きな樹木が見えて、
まるで森の中にいるようなオフィスだった。

しかし、その分周りから見えない、
景観条例で看板すら出す事ができない場所だった。

平和大通りは、電車がないので、広島駅から、
バスの場合は一番交通量の多い八丁堀、紙屋町を通りすごく時間がかかる。

必然タクシーが多くなり、経費がかかる。

クルマで山陽道に出るにも、横川を抜けるまでに時間がかかる。

近隣に駐車場もないので、橋を渡って50M向こうに駐車場を借りていた。

しかし、
セミナールームを作ったり、OAフロアを作ったり、
内装に結構なお金を投資してしまったので、なかなか移転できなかった。
目立たないので、8年間営業しても、ほとんど誰からも知られない。

私は前職の環境コンサルタントではクライアントは、ほぼ自治体であった。

それから、絵に描いた餅の構想や計画では地球が救われないと思い。
民間の事業者を対象とした環境技術のコンサルタントを目指して起業した。

そして、その具体的なカタチが出来上がったのは5年目ぐらいだった。

もっと利便性の高い場所に引っ越ししたくても、
それまで使った設備投資のサンクスコストを考えるとできなかった。

しかし、このままでは飛躍できないと考え。
思い切って、今年の6月に、事務所を横川駅前に移転した。

非常に分かりやす場所なので、初めて来れれる方も迷わずにいらっしゃる。

飲食店も沢山ある。(これは私の健康にはよくないが)
会社の向かいはカラオケボックスだ。

さて、

来年早々からの補助金獲得のための、
スケジュールを確認しておこう。

 

 

まず、1月中旬以降に、
各補正予算の補助事業の執行機関を決める公募が出される。

当然、1社だけの入札になるので、3週間で決定し、
その頃から、補助事業の内容が経産省のセミナー等でリークされる。

2月下旬以降に、公募が開始され4週間で〆、5月に採択者発表。

そして、6月に本予算の事業が公募され、8月の盆開けに採択者発表。

例年だと、こんな所なので、
i行程mage

 

年が明けたらスタートダッジュが肝心だ。

最新情報はメールマガジンとブログでお伝えする。

我々は、設備投資に使える補助金に絞り込んで、
経産省、環境省、国交省、農水省をマークしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。