企業は、何が目的で、環境経営を行うのか?

企業の環境経営やグリーン経営というキーワードで検索される本は、ほとんど購入して読んでいる。

その中で企業は、なぜ環境経営に取り組むのかについて、書かれている。
主な理由は、以下の3つである。

・業界のリーダーとしての社会的責任と企業のイメージアップ
・コスト削減につながり、儲かる
・法規制や業界の自主行動計画による

本当にこれだけだろうか?
地球温暖化の危機が実感され、世界中で温室効果ガスの削減が求められてる中では、エネルギー消費の大小に関わらず、CO2削減に取り組まない企業は、社会的責任を果たしているとは言えないのではないか?

ライトセイバーではありません(環境技術勉強会)

ライトセイバーではありません(環境技術勉強会)


特に、その会社の製品自体がエネルギーやガソリンを消費するものであるならば、そのCO2排出量を最小化することは、自社の商品の優位性を示すことにもなる。
だから、環境負荷の大きな企業こそ、積極的に省エネや環境経営に取り組んで、市民から「環境にやさしい企業」と思われる必要がある。
小学生のサッカーのコーチもしています

小学生のサッカーのコーチもしています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。