エネルギー使用合理化等事業者支援補助金等の採択データ考察

平成27年度

 

エネルギー使用合理化等

 

事業者支援補助金等

 

の結果概要 (採択データ)

 

 

が資源エネルギー庁から公表されている。
http://www.meti.go.jp/committee/sougouenergy/shoene_shinene/sho_ene/pdf/016_03_02.pdf

26年度の補正の地域工場・・・の採択率は24.6%
27年度のエネ合補助金・・・・の採択率は40.3%

4年前の24年度には80%近い採択率であったが、

毎年、申請数が1,000件以上増加して、

予算は年々増えているが、採択率も下降傾向にある。

このままの傾向で予測すれば、
今年はますます申請件数が増える。
エネ合申請状況

補助金申請の代行を行っている同業者からは、

これからは

 成功報酬では受けられない

という声を聴く。

この補助金は、
申請書の作成に相当な作業量を必要とするので、

不採択で報酬ゼロだと、相当な損出を覚悟しなければならない。

グリーンテクノロジーでも、
ご依頼のあったものすべてに、お応えすることは難しい。

省エネ診断ならぬ

 補助金診断

 

を行って、
採択可能性が75%を超えるものは、
成功報酬で引き受ける。

それ以下の可能性の場合は、
申請書作成費を頂くことにした。

ホームページに採択率95%以上とか書いている会社は、

実績のデータが明示されていないか、
厳選した案件しかやっていないかのどちらかだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。