電力の計測機のメーカーと協議しました

今日は、エネルギー計測の機器を作っている
メーカーの方と協議した。

先方は省エネに使う電力計測機を販売している。

機器だけを作っていて、
設置工事や省エネの指導などは一切しないそうだ。

だから、
自分たちが作っている機器がどこで、
どんな目的で使われているか良くわからないそうだ。
もちろん、省エネ補助金についてもご存じなかった。

省エネ補助金に採択されると、
ほとんどの場合、1年間の電力計測によるモニタリングを行う。

その結果をもとに、
当初の目標値をクリアできてるかデータを記録した
成果報告書を提出する義務がある。

そのため、

すべての省エネ補助金に電力計測のニーズがある。

特に経産省の補助金では、
エネマネ事業と呼ばれる

EMS(エネルギーマネジメントシステム)

を導入して
エネルギー管理を行う事業については、
通常1/3の補助率が1/2に変わる

しかし、
エネマネ事業者になるためには、
経産省の定めた性能を持つEMSを登録して、
エネマネ事業者の認定を受けなければならない。

 

関西には、
素晴らしい技術力を持った中小の機器メーカーが存在するが、
東京まで行って許認可を受けるほどトレンドに敏感じゃない。
だから、
最高の技術のEMSを作っているメーカーでありながら、
エネマネ事業についてはご存じなかった。

 

これから、
グリーンテクノロジーといい関係が築けるかもしれない。

 

ところで、

私は来月、
ライト電業様にて補助金についての勉強会を頼まれたのだが、

その前に、ライト電業様から展示会の案内を頂いた。

ライト電業様は西日本の各地で大規模な展示会を開催される。

広島は来月の 2/9(火)・10(水)広島県立産業会館(西館)

 

補助金を使った設備更新を検討する絶好のタイミングだ。

ライト電業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。