補助金だらけの九州水素・燃料電池フォーラム

九州経済産業局主催の電気ビル共創館でのフォーラムに参加した。

メイン会場の6人の発表者の中で、
二人目の九州大学 水素エネルギー国際研究センター長の佐々木一成先生以外は、
東京方面の方が講演されていた。

水素フォーラム

これが、地方の現実かぁ

 

だから、水素を活用するメリットがBCP(災害時の対策)となっていた。

BCPは西日本では感度が低い。

東芝のH2ONEという燃料電池は、
水があれば1週間ぐらい、300人に電気とお湯を供給できるそうだ。

東日本大震災で原発事故があったので、停電が続いた。

しかし、
一般的なの災害のときは水道の復旧の方が難しいのではないか。

講演は13:00〜16:50の長丁場、
半日で日本の水素技術の方向性がわかる密度の濃い内容だった。

お約束だが、
各発表者のスライドの最初に方に、地球温暖化の話がでてくる。

そうしないと、わざわざ水素を持ち出す理由が立たないからだ。

ホンダのFCVの話は、アメリカでの自動車の排ガス規制の話だった。

トヨタ、ホンダ、日産は2050年にはガソリン車はゼロになると考えており、
オリンピックの2020年には価格的にも同価格帯にしたいそうだ。

奴らが見ているのは日本の市場じゃなくて北米の市場なのだ。
アメリカはCO2を全く出さない車を走らせることを決めている。

これから出るホンダのFCVはまさに走る発電所と呼ぶべきもので、
法規制から出力を9kwhに抑えているそうだが、

これだと普通の家庭では十分すぎるほどの発電量だ。

1日1回充電に行けば、電力会社との系統電力がなくても生活できる。

自由化で儲からない電力小売ビジネスをやるぐらいなら、
FCVでの電力会社というのも面白いかも。

この場合は、水素ステーションを建てるのも補助金でイケる。

水素についての続きは、またの機会に。
この周辺のエネルギーベンチャーはアリじゃないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。