映画オデッセイの感想

      映画オデッセイの感想 へのコメントはまだありません

西区のアルパークに映画を見に行った。

オデッセイは、
火星に行った宇宙飛行士が一人取り残される話。

そもそも、
まだ人類は火星に行けてないし、その上での架空の設定。

でも、出てくる人間や技術は現代レベル。

ハリウッド映画らしく、

一人の人間を助けるのに、膨大なお金を使う。

命の値段は無限大なのか?

それは、おいといて

主人公は、火星で水と食料を作る。

果たして、

 

人間は閉鎖系の中で生きて行けるか?

 

世界中がこの研究を行っている。

バイオスフィア2

バイオスフィア2

http://www.miraikan.jst.go.jp/sp/miniearth/whatis/index.html

もちろん

太陽光はある前提だ。

地球そのものが閉鎖系の生態系である。

循環とか持続可能が大切なのは、

閉鎖系の中で人類は生きている。

だから、

いまの地球上のすべての生物が必要なのだ。

 
こんな映画を見ると、

会社を立ち上げて

9年間の様々な危機を

思い出して、

よく、諦めずに

今まで、続けられたと思う。

二度と同じ経験はしたくないが、

次は、
もっとスマートにやれると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。