電気・熱エネルギー高度利用支援事業費 補助金

誰もが気づいている事だが
太陽光発電の発電量が増加して、

 

夏のデマンド時期に
電力に余裕がある。

 

しかし、太陽光は天気が悪いと発電しない

だから、本当に電気が不足する時は

高額な単価で、電力会社が買い取る。

そんな仕組みが、

 

 

電気のアグリゲートだ。

 

シェールガスの影響か
原油価格が大幅に下がり、

これからは、
ガスの値段も下がるだろう。

しかし、

電気代は下がらない
むしろ値上がりするだろう。

なぜなら、

 

FITの賦課金

 

がどんどん増えるからだ。

これからのエネルギービジネスの本命は

 

オンサイトの発電ビジネス

 

それも、
コージェネレーションで電熱供給

客先に設備を置いて、電気と熱を供給する。
オンサイトサービス

スクリーンショット 2016-02-16 20.26.37
かって、重油での発電が行われ
原油高で破綻した経緯があるが、

 

その時は電力会社の電気が安かった。

 

 

 

これからは、太陽光の賦課金が
20年間続く

 

経産省も

コージェネレーションには補助金が手厚い。

 

しかし、

エネルギー需要家には難しい判断になる。

それをサポートできるコンサルでありたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。