省エネビジネス=補助金申請代行なのか?

役所の仕事の成果品は、最終的に

報告書

と言う形になる。

何をやっても、最後は報告書を作る。

私は、
報告書を作る仕事を20年続けている。

そして、省エネビジネスにおいても

補助金につきる。

どんなにいい提案であっても、
補助金をもらえないとインパクトがない。

省エネによる電気代の削減で、
設備投資を回収することは簡単じゃない。

普通は、エネルギーコスト削減だけで、
投資を回収するのに3年以上かかる。

民間企業は、

目の前の運転資金が大切。

多少コスト削減になっても、
大きな設備投資は、生産設備が優先される。

補助金をもらうためには、

申請書と成果報告書の作成が必須である。

起業してから、様々な省エネビジネスで活路を探したが、

結局は、補助金申請代行に尽きる。

これなしでは、CO2の削減もできない。

reductionco2

いろんな技術の中で、稼げるのは、

小論文の技術が一番。

技術士試験にも意味はあるな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。