アホ社長もこれだけは、やっとこう 小規模事業者持続化補助金

ホームページを読んで頂いている
お客様から、問い合わせがあった。

飲食業から、エステ業界に進出するそうで、
この補助金の申請を考えているそうだ。

少額なので、報酬は期待できないけど
手伝ってもらえるか?

たしかに、
少額の補助金は、モノによっては

手続きの煩雑さに比べて、
貰える金額が少なく、
骨折り損のときもある。

しかし、
我々グリーンテクノロジーの使命は

国の補助金を引っ張ってきて

地元広島の企業を元気にすること

なので、
特別にサポートさせてもらいます。

と答えた。

調べてみると、

小規模事業者持続化補助金

平成27年度補正(平成28年実施)の

http://h27.jizokukahojokin.info/

とは

小規模事業者(注1)が、
商工会議所・商工会の助言等を受けて経営計画を作 成し、
その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の
2/3を補助しま す。
補助上限額:50万円 (注2、注3)。
ただし、注意の文章が5っもあって、
よく見ると補助金は100万円までイケる。
(注1)
小規模事業者とは、
「製造業その他の業種に属する事業を
主たる事業と して営む商工業者(会社および個人事業主)」
であり、
常時使用する従業 員の数が
20人以下の事業 者です。
(卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業を除 く)に
属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)
(注2)
補助対象経費75万円の支出の場合、
その2/3の50万円を補助し ます。
同様に、補助対象経費60万円の支出の場合は、
その2/3の40 万円が補助金額となります。
また、
補助対象経費90万円の支出の場合に は、
その2/3は60万円となりますが、
補助する金額は、
補助上限額で ある50万円となります。
(注3)
以下の場合は、
補助上限額が100万円に引き上がります。
①雇用を増加させる取り組み
②買い物弱者対策の取り組み
③海外展開の取り組み
(注4)
原則として、
個社の取り組みが対象ですが、
複数の小規模事業者が連携 して
取り組む共同事業も応募可能です。
その際には、
補助上限額が100 万円~500万円となります。
(連携する小規模事業者数により異なりま す)
(注5)
商工会議所会員、非会員を問わず、
応募可能です。

以上、簡単に言うと。

事業者の貰える

補助金は50万円で

国策に沿っていれば、

100万円まではイケる。

ということだ。

なお、申請には、
商工会議所のアドバイスを受けて、

経営計画書

小規模事業者

を作成することが条件になっている。

私のこのブログ

実は

昨年10月末に

アホ社長再生プロモーターの

板坂裕治郎 氏の

ブログセミナーを受けてから
毎日続けている。

アホ社長でも、

これから、
事業を拡大して、
人を雇う予定のある人は
是非チャレンジしてください。
補助金は純益になるので、
絶対もらっておきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。