補正の省エネ補助金一次公募は採択4243件

平成27年度補正予算
「中小企業等の
省エネ・生産性革命
投資促進事業費補助金」

の一次公募の
交付決定案件が発表された。

画像をクリックしたらSIIのサイトにとびます。

スクリーンショット 2016-06-26 18.33.05

採択件数は4243件

一次公募だけで、
この数字

ということは、

史上最大の
省エネ補助金に間違いない。

要件を満たして、
書類に不備がなければ

ほぼ、全部採択

じゃないだろうか。

今回は、

事業者名と
実施住所と
採択設備区分のみの

公表で、
業種等はわからない。

しかし、
事業者名から

エネ合で不利な

病院、社会福祉法人も
多く採択されている。

今回は、
以下の9つの設備のみが
申請対象になっている。

– ・高効率照明

– ・高効率空調

– ・産業ヒートポンプ

– ・業務用給湯器

– ・高性能ボイラ

– ・低炭素工業炉

– ・変圧器

– ・冷凍冷蔵庫

– ・FEMS

やっぱり高効率照明が
一番多い。

狙い目は変圧器
全体が省エネできます。
あと、PCBの問題で
古い変圧器は廃棄処分
しなければならない。

一般的に
省エネ設備改修は

材工といって、

機材と工事費が必要になる、

しかし、
この補助金は機材の1/3のみ補助
他の補助金は材工の1/3が対象なので、

あまりお得な気がしないが、
補助率の高い補助金を狙って
不採択になるよりは、

確実に補助金をゲットできる

という意味で、ありがたい。

今後、3次公募が予定されているが、

エネ合の不採択になった案件が
出てくる前に申請すれば、

確実に採択されるだろう。

ただし、
書類作成の手間は
ほぼエネ合と同じであることは
覚悟しておきたい。

現在、我々は、
エネ合補助金の申請に
全力投球中なので

 現時点で、
細かい分析をする余裕は
ありません。

m(_ _)m

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。