ついにJR三江線も廃止、地方の工場はエネルギーコストが勝負

国の補正予算が検討され

リニア新幹線が前倒しされるようだ。

そんな中、中国新聞には

三江線 (三次と江津を結ぶ)廃止来月表明へ

の見出しがあった。

この路線は、江の川に沿って谷を走る。
そのため、とても景色が良い。

山号線

日本一、乗客が少ないといわれて、
既に交通機関としての役割は終わっていた。

でも、観光用のアトラクションとしては最高だ。
江の川の風景は中国地方の原風景で
赤い石州瓦の家並みが素晴らしい。

 ぶらり三江線WEB
ココ参照

この夏休みに是非、
広島駅から江津駅まで

広島江津

片道6時間の鉄道の旅は
如何だろうか?

先日も、JR北海道のローカル線が
ほとんど大赤字で廃線を検討している。
という新聞記事があった。

地方では、どこに行くにもクルマ。
そしてクルマがなければ生活できない。

だから、
生活コストが都会より高いかもしれない。

それだけでなく、
都市ガスもなく、プロパンガスで
エネルギーコストも高い。

先日伺った工場では
ボイラー用の重油の単価が
広島市内と比べてかなり高かった。

ココは近くの工場と共同購入することで
単価を半分近く下げることが出来た。

それでも、広い土地があり、
タダの地下水が使え、騒音規制も緩いなど
地方の工場にはメリットもある。

エネルギーコストを徹底的に見直すこと

それが、地方の工場の競争力を高めるのだ。

 

2 thoughts on “ついにJR三江線も廃止、地方の工場はエネルギーコストが勝負

  1. このあたりのもの

    >片道6時間の鉄道の旅は如何だろうか?
    元地元民なので2回通しで乗りましたが景色がいいのは良い天気の時だけ。それにものすご~く疲れます。
    >生活コストが都会より高いかもしれない。
    駐車場代はとても安いです。@3000~5000。家賃・土地代も安いです
    >エネルギーコストを徹底的に見直すこと
    人件費も安いです。特にアルバイト代は圧倒的です。

  2. morishita Post author

    疲れるでしょうね。
    でも、無くなると分かると乗ってみたくなりますね。

    家賃と土地代は安いけど、高速代やガソリンは変わらないので、
    相対的に高く感じます。
    クルマ持っていない都会の人は自動車関係の税金も払わないので、

    人件費が安いのは働く人にとって魅力がないですね。
    これが一番問題ですね。

    コメントありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。