広島フラワーフェスティバルはやっぱり面白いぜ

5月3日~5日まで、広島の平和大通りを中心にフラワーフェスティバルが開催された。

自分はお祭りが好きで、毎年夏には高知のよさこい祭りや徳島の阿波踊りを見に行く。
もちろん、地元のお祭りなので、どこに行くより、地元でいろいろ見て回った。

グリーンテクノロジーのオフィスは、平和公園の正面右手で、平和大通りの側道に位置している。
会社の目の前は、出店やテント、ステージが設営され、あちこちから音楽がガンガン聞こえてくる状況である。

チアリーダーの周りは人だかり

チアリーダーの周りは人だかり


5月3日はPeace Piece Projectのイベントにも参加した。オリンピック誘致活動と言うことで、グリーンテクロジーもパンフレットに広告を掲載して応援している。

2020年に広島でオリンピックを開催できるだろうか?
これは、疑うより夢を実現する強い意思を持って応援したほうが楽しめると思う。

広島は、今や国際観光都市の様相を呈しており、毎年、花見のシーズンから5月まで、特に沢山の海外からの観光客がやってくる。
それを地元の経済活性化に繋げることが重要である。

フラワークィーンをゲット

フラワークィーンをゲット


フラワーフェスティバルは、レベルの高いパフォーマンスを全部ただで見ることができる。観客がお金を払うのは出店のカキ氷ぐらいだ。(でも暑さのため、3回は買う)
出てくるごみもすごい。いったい運営費にどのくらいお金を使っているかわからない。

最後に、旧市民球場が使われなくなって、周辺が寂しくなった。
是非、オリンピックのメインスタジアムをここに作ってほしい。街の中心にビッグな集客施設があることが都市の機能として重要なのである。

これはベリーダンスと言います。アップはやばい

これはベリーダンスと言います。アップはやばい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。