LED照明のリースの利用は慎重に、購入した方が得な理由

先日、
弊社のビジネスパートナーと
出かけた営業先の工場で

ある業者から
LED照明を提案されてる

と言われて、
出鼻を挫かれた。

その内容はこうだ。

今ある蛍光灯を
全部リースでLED照明に変えると
月々のリース代以上に
電気代が下がるので、

初期投資なしで
新しいLED照明に変えられますよ。

ということらしい、

リース期間が8年なのか
5年なのかで交渉中。

リースにすると、
この低金利の時代に
結構なリース手数料がかかる。

%e9%80%9a%e5%b8%b8%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9

一般的には、
リースより銀行借り入れの方がお得だ。

良い銀行はリースは薦めない。

当然のことながら、

LED照明は確実に電気代が下がる。

賃貸物件でなければ、
自分で購入した方が得だ。

今は直管型LEDは相当安くなっていて

費用対効果は、
現在の照明の点灯時間によるが、

だいたい3年半~5年ぐらいでペイする。

そのうえ、
補助金が貰える場合がほとんど
そうなると2年ちょっとでペイできる。

また、
補助金に申請する場合は

申請者は設備の所有者なので
リース会社との共同申請となり、

補助金はリース会社に入る。

その場合でも、

補助金分のリース代を
安くすることが条件になっている。

%e8%a3%9c%e5%8a%a9%e9%87%91%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9

しかし、コスト構造が複雑になると、
値段の比較が難しくなる。
そこもリース会社に有利な点。

エネルギー合理化の補助金も
リース会社の申請がかなり多い。

補助金の申請書もリース会社が書く場合は、
その手間賃も値段に含まれると考えた方がいい。

また、補助金を使う場合は

残価付リース、
所有権移転(購入選択権)付リース
は利用できない。

リース期間が終わっても
再リースするしかない。

その点は、
確認しておいた方が良い。

しかも、

最近の補助率の高い補助金は、
全体の省エネ効果が10%~20%ないと
採択が難しいので、

省エネ効果の高い
LED照明だけを先食いすると

空調設備などの
他の設備更新との合わせ技での
補助金獲得が難しくなる。

その点は注意が必要だろう。

いずれにしても、

省エネ効果の検証には
電力の見える化が必須だ。

改修前の電力モニタリングと
改修後の電力モニタリングの変化を見れば

業者の持ってきた省エネ計算書が正しかったか
すぐにわかる。

思ったほど効果がなくても、リースは返せませんよ。

%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%a2%e3%83%8b02

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。