省エネ補助金はどれを選べばいいのか

クリーンテクノロジーの
補助金申請代行業務は

最初に
省エネコンサルタントの
申込みをいただき

クライアントの
状況をヒアリングし、

既存データを分析し

導入する設備を検討し

ターゲットとなる
補助金をご提案する

申請する
補助金が決まってから

申請代行の契約書を結ぶ

エネ合補助金の
採択率が下がってからは

この申請する補助金を決める
ことが難しい

経済産業省

環境省

国交省

農林水産省

それぞれにいくつかの
省エネの補助金があり

申請要件

補助対象経費

補助率

上限金額

が異なる。

もちろん採択の基準も異なる

我々は
すべての補助金に精通して
最も有利な補助金を提案する。

条件の良い補助金ほど
採択が厳しいのが常だ。

最終的には
クライアントが納得しなければ
決めることができない。

すべての補助事業の内容を理解しないと
どれに申請するか決められない
クライアントも存在する。

その場合は、
補助金ごとの要件や
採択の可能性を説明することになる。

公募要領を読んで理解するには
クライアントにも
それなりの基礎知識が必要だ。

補助金の仕組みを
レクチャーすることも
仕事の一部になる。

さんざん説明して
他に頼みますってのが
一番やれんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。