3月5日に広島で中国・四国修猷館高校同窓会を開催

私は福岡の名門

修猷館高校

黒田藩校が前身、修猷館高校の大事な教え
プレジデントオンライン
http://president.jp/articles/-/13679

真ん中ワシ、右は福岡県の小川知事(福岡の大同窓会にて)

を卒業後、

九大の工学部を卒業して
広島の環境コンサルタント会社に就職した。

この会社に決めた理由は、

大学の研究室で
グローバルな環境問題である

地球環境問題

地球温暖化

の研究にハマって

環境の仕事がしたいと
熱望していたこともあるが、

本音のトコロは

高校時代(3年中2年男子クラス)も
大学時代(学科100人全員男子)も
男ばかりの環境だったので

女子の多い会社に
行きたかったという理由だ。

環境コンサルタントの仕事は

環境調査と計量証明

この計量証明はラボで
水質の分析やダイオキシンなどの
有害物質の分析を行う。

この仕事は
化学系の好きな女子が多い。

就職した会社は
全従業員のうち40%ぐらいが女子だった。

ところが、

フィールド調査を行う部署と
計量証明の部署では

建物も違うし、
10Kmぐらい離れていて、
ほとんど会う機会もなかった。

思惑は完全に外れたわけだ。

当時も
福岡から広島に就職する人は
少なかった。

私の仕事は全部役所相手なので、
社外には友達もできない。

中高大と地元の福岡で
友達に囲まれて過ごしていた自分は

右も左もわからない(言語も違う)ところで、
社会人生活をスタートさせた。

最初の頃は、
ほぼ会社と部屋との往復でした。

広島に来て25年、
今では広島で起業し
様々な団体に参加して友人も沢山できた。

今回、
広島在住の大先輩の声掛けで
修猷館高校の同窓会をすることになった。

なんとミス東大も修猷館

おそらく、
後輩たちも広島では知り合いが少なく、
心細いこともあるだろう

この同窓会を、

広島に初めて来た後輩たちに
頼りにされる存在にしたい。

私は、同窓会の幹事長を
仰せつかり張り切っています。

学生はタダ
飛び入り大歓迎

日時 3月5日 17時~19時30分
場所 ホテルニューヒロデン 広島駅から3分
会費 一般7,000円 学生 ご招待

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。