オフィスの設定温度は28度にするな

最近、
環境副大臣の発言が
波紋を呼んだことがある。

(28度は)実はかなり不快だ。
無理があるのではないか。
科学的知見を加えるよう検討する。

この話は至極真っ当な話だと思う。

オフィス以外の
ホテルとかレストランとか遊技場など

 

客商売の場所では

28度だと
客からクレームが来る。

それは快適じゃないからだ

人間は人によって
状況によって代謝が違う。

座っている人と
歩き回って仕事している人

それぞれに感覚が異なる。

また、
エアコンを28度に設定しても

陽の当たる窓際と
エアコンの近くでは

そもそも
温度が異なる。

実際、
28度以上の場所の方が多い。

もちろん28度で
頭脳労働ができると思っちゃいないが。

28度の根拠も
工場の労働者を想定したもので

科学的根拠はまったくない

私は20年前に
広島県の仕事で

県内の2000世帯に
アンケート調査をおこなった

一番快適な温度は
24度と答えた方が
最も多かった。

当時は、28度にすべき
という教えは普及してなかった。

私は地球温暖化対策が専門だが

エアコンの温度設定より
もっと大切なこと

窓にカーテンをするとか
ペアガラスにするとか

 

断熱が最も効果的だ。

窓にフィルムやシールを
貼るだけでも良い。

そうすれば
エアコンの負荷は小さくなり

電力消費量は激減する。

大都会のオフィスビルでは
すでに南側に窓がなく
北側だけに窓がある建物が増えている。

広島の平和大通りにそびえ立つ

クリスタルプラザビル

まるで温室、植物工場に最適

全面ガラス張りで
見かけはいいけど

中は暑くて
冷房負荷が高い。

今では
南側にはアルミ伯が貼ってある。

バブル時代の
ガラス張りのビル
吹き抜けだらけの空間

こんなのが一番

エコじゃないんだ。

ちなみに広島市内で
一番エコじゃないのはここだ。

恐ろしくて電気代も公表できないだろう

吹き抜けとガラスだらけじゃ

エアコンの28度なんて
人を騙したような省エネはやめよう。

これからは

がまんの省エネから
技術の省エネだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。