CO2削減ポテンシャル診断の本当のメリット

環境省の
CO2削減ポテンシャル診断の

受診申し込みは今月の31日〆切

実質的には、
30日には書類を発送しなければならない

  • 申請書類には押印が3か所

  • 会社概要と決算書が2期分

  • 過去一年分のエネルギー使用量が
    証明できる資料(請求書のコピー等)

が必要になる。

今年は、
診断業務に積極的に取り組もうと
各方面に
声を掛けさせていただいたところ

すでに
20件近くの依頼を受けており

申請書の提出に向けて
社員一同
連日、精力的に動いている。

この診断を受けると
設備の補助金に申請できるという
権利を得ることができる。

だけでなく、
補助金以外のメリットとして

  • 事業所のエネルギー消費の現状把握

  • 各対策における費用対効果

を知ることができる。

そして、なにより

私を含めて、
エネルギーマネジメントの
プロによるアドバイスを受けられる
ことにある。

我々は物を売らない
コンサルタントであり

今回のフィーは
100%環境省の補助金の
範囲内で行う事業である。

中小企業の経営者には

様々な省エネや
コスト削減の売り込み
が来ていると思う。

それらの

何が正しくて、
なにが疑わしいのか
なにより、
それが
適正な価格なのか

そのことについて、

本物の専門家が
ズバリお答えできる。

エネマネの補助金目当てで
エアコンを制御するEMSを導入しても、
お客からのクレームで
使ってない事業所も多い。

個別の事業所への
エネルギーマネジメントのノウハウを
無料でお伝えすることはできないので

是非、
この補助金を活用していただきたい。

と言っても、

今年は余力が少ないので
興味のある方は
今スグ連絡ください。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。