都民ファーストの会に違和感あり

 

昨日は
岡山方面で
一日に3か所の事業所を訪ねた。

既に設備更新の計画は
固まっているので

補助金獲得のための
調査と日程確認の打合せだ。

工事業者のサブコンの方も
同席していただいた。

サブコンとは
建物の空調設備などを担当する
元受けの設備業者のことだ。

このサブコンは、
地方の市町にも、
くまなく営業所を持っていて

お客の事業者から
絶大な信頼を得ている。

サブコンも
儲けだけを考えれば、

都会だけを営業した方が
良いに決まっているが

法人ビジネスは
信頼が一番

地元でしっかり根を張って、
何かあれば飛んでくる

という業者が選ばれる。

工事の見積もりを見せてもらうと
少し高い気もしたが、

これは一生面倒みるという

保証料料込み

だと思って、
コメントは差し控えた。

道中
岡山市内を車で走ったが

やっぱり
地方の経済状況は厳しい

ロードサイドの飲食店やお店が
空き家になっている。

国道沿いの平地にも
太陽光発電が散在している。

戦国時代まで、
日本の各地に
有名な殿様や武将がいて
それぞれに栄えていたのに

徳川時代から

江戸に
参勤交代させられて

ワシらが
東京の官庁に出張するのも
参勤交代みたいなものじゃ

現代は

東京時代

地方は
さびれていく一方だ

しかし、

東京は地方からの
食料とエネルギーの
供給がなければ成り立たない

オフィシャルサイトより

小池東京都知事の

都民ファースト

には
違和感を感じざるを得ない。

徳川時代から

東京ファースト

になっているんじゃないか。

グリーンテクノロジーは

国の補助金を獲得して
地方の事業者を元気にする

国の直轄事業は
地方自治体がサポートしない

だからワシらが
地元の事業者を支援する。

ワシらは、
地元の事業者を助けない自治体

の代わりに

地元ファースト

で頑張るぜ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。