北朝鮮のミサイルに対抗する方法

昨日早朝
北朝鮮のミサイルが
北海道上空を通り過ぎた。

大気圏外なので
領空侵犯にはならないかもしれないが

これが東京の上空なら

マスコミの報道はどうだっただろうか?

Jアラートが鳴って

頑丈な建物か地下に隠れろ
ってことらしいが

全員が
地下に行くことはできないし

もし、隠れることができても、

即死する確率を下げる

って意味ぐらいしかない。

大都市では

高層建築物が乱立している。

しかし、

戦争に備えるなら

地下空間をもっと利用すべき

戦時中は

日本中に防空壕があった。

東京の地下鉄の中には
秘密の大本営があったという都市伝説もある。

地下空間は年間を通じて

室温の変化が少ない。

夏でも冬でも15℃

だから、
冷蔵庫が普及していない時代は
お酒とか食料は地下室に貯蔵されていた。

海外の映画を見ると地下室がよく出てくる。
大概悪いやつが潜んでいるが。。。

もし、高層ビルをやめて

地下空間に
都市を作ったらどうなるか

まさにエバンゲリオンの世界だ。

SFアニメでは核戦争後の世界が描かれることが多い

日本の土木技術は世界一で

トンネルを掘る技術で、
地下都市を作ったら

軍事目的の
衛星写真は役に立たなくなるし

他国が
日本を攻撃するのは難しいだろう

軍事力を持たなくても
日本を守れるかもしれない

 

 

なにより、
一年中エアコンが必要ないので

電気の消費量は
今の半分くらいになるだろう。

地下街の飲食店の消費電力は、
ビルの中の店舗より少ない。

その理由は、
熱のほとんどがガラスの窓から出入りするからだ。

窓の景色は4Kディスプレイで作ればいいかも?

人間は、
クジラみたいに
時々、地上に出て息抜きする生活になるだろう。

以上、

北朝鮮のミサイル発射で、
そんな妄想を考えてしまう。

地下都市に住んだら
地上は、すべて太陽光のパネルになるかも

そんなことを考えました。

でもあながち、
妄想とは言えないかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。