北朝鮮への経済制裁は戦争への道

北朝鮮が本日核実験を実施した。

大陸間弾道弾に
搭載できる水爆が準備できたと
見るべきだろう。

国際連盟に参加していない国が
核を持つことの意味は大きい。

なぜ、
北朝鮮は核武装するのか?

南北朝鮮の統一を目指しているのか?

そうではなく、
独裁国家の国体の維持が目的だろう。

アメリカは
民主主義を広めることが正義と考え

独裁国家を民主国家にすることが
正しいと思っている人が多い。

しかし、
独裁国家でも民主国家でも戦争をする。

日本や韓国の対応を見ると

さらなる強固な経済制裁

という声が聴こえる。

北朝鮮も
日本と同じく石油のない国

原油の輸入を止められると
生きていけない

いまの状態で
原油を完全に止められると

日本がいつか来た道

日本は戦前、
石油の8割を米国からの輸入に頼っていた

やけくそで戦争に突入しかねない

政府もマスコミも
北朝鮮への経済制裁を煽るが

それは、
相手を戦争へ導くだけじゃないだろうか?

エネルギー危機が
戦争の原因となる

日本も原発を再稼働し
再生可能エネルギー
畜エネルギー技術の開発にとともに
エネルギー効率化技術の普及に

全力を上げなければならない

エネルギーの安全保障無くして

国民の命と財産を
守ることはできない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。