大型補正予算に期待します

      大型補正予算に期待します へのコメントはまだありません

今回の選挙は戦後最低の投票率だそうだ。
国民が衆議院選挙に興味がなくなったのだと思う。
その理由として、次の二つのことが大きな原因だと思う。

1.国会議員が当選した政党を簡単に離党すること

2.総理大臣が1年で交代すること

首相公選制が議論されている。
しかし、選挙の時は、候補者が党の代表を首相候補にしているので、同じことである。

問題なのは、首相が交代した時に選挙が行われないことである。
首相が交代するときは必ず国会を解散することにすればよい。
そうであれば、国民は選挙に真剣に取り組むし、総理大臣がコロコロ変わることもない。

経済の問題について、今やグローバル化により給料がどんどん下がっている。
だから、国内需要を創り出すしかない。
やたらと競争を煽る政治家もいるが、実際には競争が激しくなると、
業界1位の企業以外は儲からなくなる。(これは自分の経験もそうだ)

まさに小選挙区制だ。1位以外は負けて消えていくだけである。

ともかく、安倍総理と自民党の大型補正に期待しよう。

来年の大型補正予算で省エネルギーに関する事業が行わることを祈っている。
エネルギー問題を解決できる方法は省エネルギーしかない。
革命的な技術でエネルギー消費量は確実に下げることができる。

ハイブリットカーやLED照明、ヒートポンプ、断熱、
インバータ、コージェネレーション等、エネルギーモニタリングなど、省エネ技術は様々ある。

しかし、これを如何に普及させるかが問題である。
そのためには、新築や新設にも補助金を出すべきである。
そうでなければ、テントビルのオーナーはイニシャルコストを安くするため、
ランニングコストであるエネルギーコストを下げる投資をしない。
設備はオーナー持ちで電気代は店子が払うのであるから!!!

日曜日にはサンフレッチェ広島の優勝パレードが有りました。ゴールキーパーは怪我が多くて大変です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。