顧客の想像を超える提案を目指します

昨日は四国の高知県に

診断結果の報告会

に行ってきた。

広島を8時に出発して、
山陽道、瀬戸大橋を経由して、
高松自動車道から高知自動車道へ

ETCを使っているので、
高速料金は、どこからどこまでが、
いくらかかっているのかは、ぜんぜんわからないが

休憩を入れて約4時間走る。

距離293km ,高速料金7850円

フェリーや電車など交通手段はいろいろあるが
大人二人で移動した場合は、
やっぱり車が
一番コストパフォーマンスが高い。

高知市内について、
12時前だったので食事をするところを探していた。

すると、
もう駐車場がいっぱいで店の前に人が溢れているお店があった。

さっそく、
店の看板に書いてある第二駐車場に車を向かわせて、
自分は店内の受付に名前を書いてきた。

店の中を見渡すと、
どうやらこの店の看板メニューはチキン南蛮定食

一緒に並んでいる若手のリーマンが

前食べたときは晩飯が食べれなくなりました

とか言っている。

席について、
二人分を注文するとほどなく

 

想像を超えていた。

今回のCO2ポテンシャル診断は
採択が9月末で、12月末の〆切まで
時間が足りなかったこともあるが

我々は
お客様の創造を超えるような仕事ができたか?

残念ながら、
そこまでのレベルはなかった。
しかし、
この調査結果は

次年度の省エネ設備更新

につなげることができれば

お客様の想像を超える

結果を提示できると信じている。

今日はチキン南蛮の話しかないけど
ブログを読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。