商店街支援事業は外国人観光客だのみ?

極端なことを言うと
商店街はクルマ社会以前の産物

無料駐車場のない商店街は
大型の郊外型ショッピングセンターに
淘汰される。

それは誰もが思っていること

しかし、国はあくまでも
旧来型の商店街を支援する。

広島県で一番賑やかな
宮島の参道の商店街では

誰も補助金の話に乗ってこない

と聞いたことがある。

これだけ文化資源があれば外人来るよね

 儲かっている店は
現状を変えたくないからだろう。

すでに、
地元住民から見捨てられている商店街が
外国人観光客で活性化するのか?

平成29年度補正予算
地域文化資源活用空間創出事業(商店街支援事業)
第2次募集

本事業では、歴史的建造物群を中心としたまちなみ整備や、文化イベントを
契機とした地域の活性化、名所・観光地・食文化等地域文化資源と連携した
空間創出によって、にぎわいを創出し、外国人観光客等を増加させるととも
に、これらと連携した商店街の活性化を図る事業を支援します。

○募集期間
平成30年3月15日(木)~平成30年5月2日(水)

補助率・補助額

1.

地域文化資源活用空間整備事業

1/2以内または2/3以内(上限額:7,500万円、下限額:100万円)

2.

地域文化資源活用交流促進事業

1/2以内(上限額:300万円、下限額:100万円)

補助対象事業者

(1)

商店街組織

(2)

商店街組織と民間事業者の連携体

クールジャパン政策の3つのステップ

①日本ブーム創出

②海外で販売

③日本国内で消費

本事業では、3つのステップのうちの③のステージを実現するため、歴史的建造物群
を中心としたまちなみ整備や、文化イベントを契機とした地域の活性化、名所・観光地・
食文化等、地域文化資源(※)と連携した空間創出によって、にぎわいを創出し、外国
人観光客等を増加させるとともに、これらと連携した商店街の活性化を図ることを目的
とします。
※ 地域文化資源とは、歴史的建造物群や自然遺産、伝統文化、地域産品など、当該地域
に立地・発生等して現在もその地域に相当程度の関わりがあるものであって、外国人観
光客の消費促進のきっかけとなるものを指します。(公序良俗に反するものを除く。)
なお、活用を予定する地域文化資源は、商店街と近接するものに限ります。

地方の商店街組合が
2/3の補助金を貰っても

街のインフラ整備に
自前資金を出せる気はしないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。