タレのない焼肉屋 すゑひろ屋

ここ最近、
ヘルシーな食事が続いていたので

焼肉に行こうとスタッフに声をかけたら、

中広に安くて旨い店があります

と言うので、
横川の事務所から歩いて向かった。

10分ぐらいですという誘いに騙されて、
歩くこと20分、なかなかたどり着かない

まさかの住宅街のど真ん中に、

「焼肉すゑひろ屋」

の看板(知らん人は行けんね)

店内に入ると
既に半分以上の席が埋まっている。

電話で予約していたので、
我々の席は確保されていた。

注文しようとメニューを探すが
メニューがない。

席に着くとドレスを着た
(60代と思しき)
お姉さまが飲み物の注文を取りに来る。

そして、
大皿に山盛りの肉が運ばれる。(注文してないのに)

ミックスでホルモンも入ってます

ところが

焼肉屋と言えば

焼肉のたれ 

それがどこにも見当たらない。

周りを見渡しても、
どのテーブルにも「たれ」はない。

もしや

と思って、
そのまま焼いて食べると、
これが絶妙な塩味

人生50年以上生きて、
初めて「タレの出ない焼肉屋」に遭遇した。

これは、博多の超有名店

タレだらけの激辛焼肉 

玄風館

マニアはもつ鍋よりもこちらを千代町が本店です

の対極の焼肉屋だ。

同じ焼肉でも
お店によってルールは全く違う。

省エネ補助金でも
経産省、国交省、環境省の事業は
それぞれルールが異なる。

環境省のアセット補助金などは
事業完了後に3年間も報告義務があり、

この補助金を自力でやることはほぼ不可能
(上場企業はできるでしょうが)

経産省の補助金は
社会福祉法人や医療法人が採択されにくいが
(中小企業優遇のため)

国交省や環境省は問題なし。

どの補助金がベストか?

全ての省エネ補助金に精通した

グリーンテクノロジーに相談してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。