省エネビジネスのコンソーシアムを作る

先週は名古屋に出かけて、いくつかの会社と業務提携の話を進めた。

 

自分が病気で倒れる前は、自社だけで事業化することにこだわっていた。

だから少しハードルの高いことにも挑戦したし、その結果として困難な状況にもなった。

 

今は、自分の力の限界を知ったわけではないけど、周りと協力して何かができないかを考えている。

自分が最も得意なことは何か?

そして、他のメンバーの得意なことは?

他の会社に協力してもらえることは何か?

 

こんなことを考えるようになった。

 

ビジネスの醍醐味は他者を巻き込んでいくことだろう。

 

そのためには成功するビジネスモデルを構築することが大切だ。

すぐには完成形になることはない。

ユーザーの声を聞きながら改善していくことができれば、

いつかは完璧な形にすることができるだろう。

 

それまで、生き抜くことが必要だ。

環境省から先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業設備補助事業(ASSET事業)の追加募集が開始された。

 

追加募集期間は 2013年7月1日(月)~2013年7月31日(水)である。

先日一次募集を締め切ったばかりで、すぐに追加とはなぜか?

 

省エネ補助金にはエネルギー合理化があるので、あえてこちらに申請する意味はない。

おそらく、応募がかなり少なかったのだろう。

 

事業者単独では「罰金制度」があるので、二の足を踏むかもしれない。

エスコ事業者のように、省エネを保証する契約を結ぶことが必要だろう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。