完全成功報酬で補助金申請を請け負うビジネスとは

グリーンテクノロジーは顧客管理と案件管理にGmailと連動できるinsightlyというクラウドアプリケーションを使っている。
insightlyは案件に紐づけして、メールを保存すると、宛先や添付ファイルもリンクされ、各プロジェクトにはマイルストーンが登録することができ、進捗状況も見える化される。

今年度は、弊社に問い合わせ頂いた案件は50件以上あり、そのうち採択になったプロジェクトは省エネ診断も含めると30件程度である。

グリーンテクノロジーはクライアントと成功報酬で契約しているため、途中で取りやめになったり、不採択になった場合はお金を頂くていない。

補助金申請代行を成功報酬で契約しているコンサルタントは多い。

しかし、一般論として、採択率が50%を切る補助金の場合、申請書類を作る作業の半分以上はタダ働きになってしまう。

補助金申請の公募期間はどの事業もほとんど同時期であるため、むやみに案件を増やすことはできない。

最近、広島で補助金申請代行を行っていたライバル?の会社が他の業者の補助金申請の受注を辞めたらしい。その会社はもともと自社も電気工事をやっているので、自社案件に注力するためであろう。

グリーンテクノロジーは営業マンのいない会社。
自分自身が営業経験がないため、そのノウハウを持たないからだ。
唯一のマーケティングが、このブログなのである。

創業から10年、
おかげさまで仕事を通じて多くのパートナー企業から案件を紹介していただけるようになりました。これからも、我々はモノを売らないコンサルタントなので、環境技術の知識とアイデアとコンピューターリテラシーで勝負していきます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。