営業マンとコンサルタントの違いは何?

省エネコンサルタントのブログを書いていると

メーカーの営業マンから
補助金の動向や省エネビジネスについて
聞かれることが多い。

営業マンとコンサルタントの違いは何だろうか?

営業マンは自社の商材を売るために
その商材を最も必要としている顧客を探すために

ターゲットを絞りアタックリストを作る

一方、コンサルタントは顧客の現場に入り
そのエネルギー使用の現状を調査する。

現状把握から課題を抽出し
対策リストを作る

対策リストから
その解決策となる商材を探す。

コンサルタントの方が
圧倒的に技術的な知識が必要だ。

そのために、
コンサルタントは

仕事時間の半分以上を
情報収集や
知識の習得に充てなければならない。

知的好奇心が旺盛

でなければ、この仕事は難しい。

また、
本やネットで得られる情報よりも
現場から得られる経験値の方が重要だ。

ルーチン業務が嫌いな人には
適している仕事じゃないだろうか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。