脱プラスチックビジネスの可能性は?

ウミガメがマイクロプラスチックを食べて死ぬ
という話が影響したのか、
スターバックスコーヒーがプラスチックのストローをやめて、
紙製のストローに変えるようだ。

日本の周辺の海洋ごみのほとんどがペットボトル
今から25年前ぐらいまでは
自主規制で日本の飲料メーカーは
小さいボトルにペットを使わなかった。

しかし、
海外から輸入されたペットボトルの水がバカ売れして、
ほとんどの飲み物がペットボトルで売り出されてしまった。

プラスチックはゴミになるとリサイクルは難しい。
(素材レベルでは再生は一般的)

色は同じでも、
素材が違うとリサイクルができないし、
不純物が混じると装置の故障の原因にもなる。

以前紹介したCFPの油化装置でも
ペットが入ると粘着質で装置の清掃が難しい。

人間の目だけでは、
素材で分けることは不可能だ。

そのため、
プラスチックはサーマルリカバリー
による熱回収が半分以上となっている。

そして、残りは埋め立て処分だ。

マテリアルリサイクルは20%程度と考えられている。

昨年までは、資源不足の中国が廃プラを買ってくれた。
しかし、今後はそのルートは使えない。

根本的な問題として
化石燃料が原料であるプラスチックの大量使用があり、

本当の循環型社会には
化石燃料に依存しないプラスチックが必要だ。

先週伺った西邦エンジニアリングでは
トウモロコシと紙から
疑似プラスチックを作る技術を研究している。

トウモロコシだけだと、
価格が10倍ぐらいになるが

それに古紙を混ぜることにより、
コストを下げることができる。

脱プラスチックの時代を先取りし
この疑似プラスチックでレジ袋を作って売りませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。