省エネ診断は地元の診断機関に依頼すべき理由

グリーンテクノロジーは省エネ診断からの
省エネ設備投資の補助金申請を主力事業として、
CO2削減に貢献している。

省エネ診断という仕事は、
何度も客先の事業所に行く必要がある。

遠方だと旅費交通費がかかるだけでなく、
移動時間も相当なものだ。

店舗型ビジネスにせよ、
訪問型ビジネスにせよ、
地方のビジネスでは商圏を意識せざるを得ない。

ローカルビジネスであっても、
基本は価格勝負だ。

ネットの時代では、
価格の比較はだれでも簡単だ。

地方は、家賃も安いし、
人件費も(東京に比べれば)安い
車と駐車場があれば、移動も楽だ。

しかし、クライアントが遠方だと
経費が掛かりすぎて儲からないし、
店舗でもリピーターにすることができない。

一見さん勝負のビジネスは、
東京でしか成り立たないと思う。

ディサービスを訪問する移動美容院
これもローカルビジネス


ローカルビジネスは、
リピーターが大切だし、
口コミがなによりマーケティングの基本だ。

環境省の補助事業である、
CO2削減ポテンシャル診断は定額の補助金、
交通費も込みで調査費が80万円から120万円であれば、
全額補助金がでる。

自社の事業所の省エネをお考えの経営者の方は、
地元の診断機関に依頼することをお勧めします。

全国規模の会社は、
営業マンが地方の営業所に居ても、
技術者は遠方から飛行機で来てたら
そう何度も来れませんね。

診断後の設備更新や運用改善の指導まで
サポートできなければ、意味がありません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。