中枢中核都市では東京一極集中は是正できない

報道によると


政府は18日、東京一極集中是正に取り組む「中枢中核都市」として82市を選定した。交付金の上限額を引き上げるほか、省庁横断チームが各市の要望を受けて支援する。

東京周辺への一極集中を是正するために
政府は様々な施策を打ち続けている。

今回も全国で82市を「中枢中核都市」として選んだ。

このような方針は、急に出てきたものでなく、
数年前から総務省で都市圏域として進められてきたことだ。

横並びの施策に見えるないだろうか?

そもそも東京一極集中を本気で抑制したいなら

東京より魅力的な都市を作る以外にない

こんなにたくさんの都市圏を作っても
所詮、地方都市の寄せ集め
インフラや施設の集積の面で
東京にはかなわない。

むしろ、横並びで
どこも成功させない方策のように感じてしまう。

都市の魅力のバロメーターは

高校卒業の18歳人口が
どれだけ広範囲から集まってくるか


企業や教育機関の集積がなければ
若者が集まることはない。

18歳以上がいなくなる地方は
消費人口が増えないわけだから
手の打ちようがない。

根本的な発想を変える必要がある。

現在のライフスタイルの価値観を変える

これこそが
東京一極集中を抑制する手段であり
都市への人口集中を制御する唯一の方法である。


グリーンテクノロジーは
エネルギーと食料の地産地消に向けて
国の補助事業を活用し
地域の企業の環境ビジネスを支援します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。