電力を見える化したいとき

電力メータからパルスを計測して、パソコンや専用表示器で見える化する。

 

このシステムは原理的にはほとんど同じものである。

しかし、提供する形態は様々である。

 

計測器などのハードだけを売っているメーカー

 

省エネコンサルタントとセットで売る場合

 

そもそもサービスなのかシステムの購入なのか?

取り付けの工事や設定は誰がするのか?

 

値段もわからないし、サービスなのかモノなのかもわからない。

 

だから比較のしようもない。

 

その状態だったので、BEMSアグリゲーターの補助金制度ができたのだと思う。

しかし、そのホームページを見ても、内容は全く分からない。

各社が何をどのような値段で提供しているは、比較できないと思われる。

我々は、省エネコンサルティングのツールとして見える化システムを開発した。

 

まずは、無料で省エネ診断を行う。

一定期間、電力の見える化を体験してもらう。

そこで、見える化の効果を実感していただく。

気に入ったらシステムをご購入いただき。

運用改善に取り組んでもらう、

そして、その先に設備改修のご提案をする。

 

というビジネススキームを用意している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。