初期投資オールゼロビジネスinフランチャイズショー

昨日は、飲食店の経営者と一緒に
東京のビッグサイトに
フランチャイズショーを見に行った。

飲食店に限らず、
美容系やマッサージ、
学習塾など様々な業種の

フランチャイザー(チェーンストアーの本部)が
出店希望者(フランチャイジー)を求めて、
出展している。

会場は、
みんな知ってるコメダ珈琲のようなところから、

まだ日本に進出していない海外の飲食チェーン、
中国地方にはまだお店がないところまで、
さまざまだ。

フランチャイザーは
ノウハウを教えてもらう代わりに、
自分で出資して店舗を経営し、
売り上げの数%をロイヤリティ―として本部に払う。

自分が興味を持ったのは、

スマホで注文する、
全くチラシを撒かない出前館のビジネスだ。

ネット上には様々なお店が専門的な料理の
デリバリーサービスをしているように掲載されている。

ところが、
実際には一つの料理製造工場で
数種類のお店の注文を一手にさばいている。

工場にはスマホに次々と注文が来て、
それをバイクで配達する。
営業活動は何もない。

こうなると、
飲食店も工場のようなものだ。

今回、
フランチャイズショーに来たのは
情報収集が目的だが、

あわよくばチェーン店の本部に
省エネの提案ができないかと考えていた。

なんと展示会には
飲食店をやる人に向けての省エネサービスを
提供する会社も出店していた。

その会社はLED照明なとを
初期投資ゼロで設置するビジネスモデル。

実際にはLEDは3年ほどで、
電気代で元がとれるので
5年もリース代を払い続けてる方が損だ。

しかし、この5年リースは、
水銀条例やフロンガス撤廃、喫煙所設置など

飲食店が法的に切迫している
課題解決ビジネスになっている。

補助金は、
設備の入れ替えなどの改修しか使えないが
このビジネスモデルは
新規導入にも使えるところが強い。

リースやレンタルは長期で考えると
業者の利益分は損であり、

資金に余裕のある経営者は
固定費を上げることは避けるべきである。

国の補助金を活用し、
設備投資のお金を削減する
補助金申請コンサルタントのグリーンテクノロジーです。

お問い合わせはホームページからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。