補助金申請サポートサービスとは? ものづくり補助金の秘密

エネルギー使用合理化等事業者支援事業

などの
省エネ関係の補助事業は、
申請書を作成するために

膨大な資料を準備し、
ファイリングし、
整理しなければならない。

採択された後には、

平面図と写真台帳を
作らなければならない。

申請書だけなら、
全く現場に行かなくても
作ることができるかもしれない。

しかし、

写真台帳だけは、
現場で自分が撮影しないと
空間把握が難しく

図面と写真だけをもらっても
なかなか正確に作成できない。

そもそも、申請する前に
採択の可能性を上げるためには
現地を見て、
追加提案の可能性を調査した方がいい

省エネ補助金の申請サポートは
現場に行かないと難しい。

コンサルタントが提供するのは
採択されるための
計画内容のアドバイスだけでなく

資料作成や
執行機関からの要求に
迅速に対応して修正する作業である。

これは大企業なら
内製するであろう専門的な分野である。

しかし
中小企業は15年に一度のプロジェクト、
外部に依頼すべきだ。

ところが、
設備投資の補助金である

ものづくり補助金の場合も
自力で申請しても惨敗する者が多い補助金

こちらの方は経営計画書が必須で

省エネではなく、
売り上げ目標が必達である。

でも、ものづくり補助金は
設備を売る側の業者が
サポートしてくれるみたいですね。

採択率100%マジかよ全てまかせた






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。