補助金申請に絶対確実はない

先週の金曜日、スタッフのN君が

車のキーの電池が切れたみたいなので
電池買ってきていいですか?

と言ってきた。

しばらくすると、



クルマが故障して動かない

今日の打合せは
遅れることが出来ないし
とても重要で中止できない

とのこと
別のクルマに乗っていきたい
と言い出した。

あいにく、
その日は他のクルマも使う予定があったので、
急遽レンタカーを借りることに、

横川駅近くのレンタカー屋に電話すると
ニコニコレンタカーなら
6時間3千円ぐらいで借りられるとこのと

早速、O君にN君を
レンタカー屋まで送ってもらって
ひと安心していた。

ところが、N君から
高速道路でタイヤがバーストして
レッカー車を呼んでいると連絡が入った。



結局その日の打合せは延期
N君の一日はトラブル対応で終了した。

原因は
前日クルマのルームランプをつけっぱなしにして
バッテリーが上がっていたこと

レッカー車を呼んで充電してもらって回復した。


パニックになると
冷静な判断ができない

不運がつづくと
気持ちまで後ろ向きになる

しかし、
本物のビジネスマンは
どんなときにも

その時点で最善と思われる方法で
対処していかなければならない

最近の省エネ補助金の申請においても

絶対確実な補助金は存在しない
常に複数の代替案を持って
プロジェクトを進めて行くべきだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。