廃タイヤを燃料とするタイヤボイラーへの更新で補助金

空調機器、照明、ボイラー等の
エネルギー設備の更新には国の補助金があります。

賢い経営者は
国の補助金を上手に使って

設備更新のイニシャルコストと
エネルギーのランニングコストを
大幅に削減しています。

設備投資なくして、企業の成長なし
事業所の補助金申請はお任せください。
グリーンテクノロジー代表取締役の森下兼年です。

弊社のクライアントの熊本県の温浴施設で
廃タイヤを燃料とするボイラーへの更新で
エネルギー合理化の補助金に採択された。

廃タイヤは、
法律上、化石燃料とはカウントされないので
油のボイラーから更新すると
ほぼ100%の原油換算のエネルギー削減になる。

そのため
従来の軽油や重油を使ったボイラーを
タイヤボイラーに更新した場合
エネルギー合理化の補助金が狙える。

近年、バイオマスボイラーで
木質のチップやペレットを燃料にして
補助金を狙うパターンが流行していたが

バイオマスが高騰し
今では、採算が厳しくなっている。

廃タイヤは、
製紙会社などが引き取っていましたが
業界が不況で、取引量が減少。

廃タイヤチップは余剰気味で
当面値上がりの傾向はない。

お湯を大量に使う
ホテル、病院、老健施設、温浴施設など
タイヤボイラーの導入をご検討ください。

参考
西邦エンジニアリング株式会社

http://www.seiho-engineering.com/EG-boiler.html

社会福祉法人の事例
廃タイヤを燃料とするタイヤボイラー更新で「リユース」&「省エネ」

https://www.tohoku.meti.go.jp/s_shigen_ene/syo_energy/topics/pdf/150224_p22.pdf#search=’%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%BC’


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。