昼間にお湯を作って夜使う 発想の転換

先週、四国電力で

昼間の太陽光発電の電気でお湯を沸かして
出力制御を抑えるという試みが

ニュースになっていた。

従来、電力会社は
原子力発電の深夜電力で
お湯を沸かして


お風呂に使うという
オール電化住宅をガンガンに
営業していたのに

まったく
180度逆のスキームになってきた。

経済産業省の
エネルギー合理化の補助金も

昨年まであった、
ピークカットの分野がなくなり、

電気以外がからむと省エネ補助金

電力需要の低減に資する
設備投資支援事業費補助金

省電力補助金

として
新しい補助事業が創設された。

申請の数が最も多い

LED照明と電気式エアコンの更新は
この省電力補助金に申請することになる。

なので、当然

省電力補助金の方が
採択基準が厳しくなる

と予想される。

エネマネ事業になると
さらに補助率が高くなるため

採択の基準は
高くなるのでないだろうか?

そうなるとボイラーや
コージェネの案件に注目したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。